読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めもぬん

ぼく

つらいとき

ミスト

つらいことありますよねうんうん

忘れたつもりでいても、それに関連したなにかをした時に、あーそういえばあんなことあったよなと思い起こされると急に辛くなったり

 

ぼくは宗像にずっと(正確には幼少期別のとこにいたらしいですが記憶がないため)いるので、ある場所に行くと、あーあの時あれしたよなと大抵思い起こされる、楽しいことであれつらいことであれ。といえども実際に記憶に残っているのって嫌なことの方が多くて宗像にずっといることもありどこに行ってもなにかを思い出す、中途半端に記憶がいいのはだめですね、今となっては嫌な思い出もいい思い出に変わってたりするけどね、懐かしむ。

 

ぬこぬんが亡くなった時、思い出したらつらいので忘れようとしたけれども、なんていうかうん、長すぎたね。前こちらTNみすとに書いたけどもあらゆる行動がぬこぬんと結び付いていたのでなにしても逃げることはできなかった。そりゃ中学高校大学の時にずっといたもの。昔はチャリに乗せてすこし遠くの公園に連れて行ったり近くをぐるぐる散歩させたりもした、ぬんぬんぬこぬん。つらい時もぬーんと一緒にいた。そのせいでたまに夜がつらい。仕方がないので向き合っている。

 

さて、彼女。またかと思う。最近ラインのトークを全部消した、偉い。彼女とは入学してからの2年間ずっと話していた。付き合ったの自体は二年の5月からだがそれまでも色々あってうんうん。つまりぬこぬんと比べるのは失礼だが宗像の地でそれなりに記憶が残っている。しょーもないがパズドラもポケモンも一緒にしていた時期があったのですると思い起こされる。ちょろいオタクだ。思い出したくないのでポケモンは起動していない、オフが近いぞ。パズドラも最低限だけなきがする大好きオタクすまん。

 

最近は全くしていなかったfgoをしていた。これはぬこぬんにも彼女にもなにも関わりがないものだ。ストーリーも長かったのでそれなりになにも気にせず時間を潰せた。楽しかった。

 

 そろそろ向き合わなければいけない時期なのかと思う。それなりに苦しいことと思うが嫌なことから目を背けていては人はどんどん追い詰められて死んでしまう。うんうん。春休み、もっとたくさん遊んで楽しみで悲しみを上書きできるといいですね

 

おわり